男の産み分け・女の子の産み分け

アナタの希望は男の子? 女の子?

「産み分けなんて本当にできるの?」
そうお考えの方が多いと思いますが、できるんです!!
100%の確立とは言えないかもしれませんが
自ら努力をして、男の子を授かるか
女の子を授かるかを決めれる可能性を高める方法を
いくつかご紹介させて頂きます。
sponsored link


産み分けって本当にできるの?

「次は男の子が欲しい!」
「女の子がいいよなあ、やっぱり。」

「でも子供は授かりものだしなあ・・・。」

いいえ。

実は親御さんの希望によって赤ちゃんの性別を産み分けることができるのです。

⇒ 産み分けって本当にできるの?

染色体で男女の性別が決まる

染色体には性別を決定する遺伝子が含まれています。
つまり染色体が男女の性別を決めるのですね。

⇒ 染色体で男女の性別が決まる

産み分けに失敗したら

いくつかの条件を満たすことができても、
それでも産み分けが100%可能になる訳ではありません。

⇒ 産み分けに失敗したら 

男の子の産み分け

男の子の産み分けは女の子のそれに比べると
比較的容易です。

男の子の染色体はY精子です。
Y精子はX精子(女の子の染色体)と比べると
量が多くスピードも早いので、同じ条件下であれば、
Y精子の方が受精しやすいのです。

つまり男の子が生まれやすいということです。

また、女の子の産み分けに適しているのが
排卵日2日前なのに比べて、男の子の場合は
排卵日当日になっているので予測しやすいのです。

⇒ 男の子の産み分け

女の子の産み分け

女の子を産み分けるにはまず、
男の子ができやすい環境を知るところから始まります。
なぜかと言うと、女の子の産み分けは
男の子ができづらい環境づくりが
基本になっているからです。

女の子が生まれる可能性を高めるには、
排卵日の2日前にセックスをするといいとされています。

ですから、まずは排卵日を知ることが必要なのです。

⇒ 女の子の産み分け

パーコール法

パーコール法とは女の子を産み分ける方法です。

⇒ パーコール法

グリーンゼリーとピンクゼリー

ピンクゼリーは女の子を産み分ける際に使うものです。
グリーンゼリーは男の子を産み分ける際に使うものです。

これらはイギリスの
ジョン・ポラード博士が開発したもので、
日本では医師による処方で手に入れることができます。

※通販で販売している医師もいるようです。
ただしヤフーオークションなどで販売されているものは
衛生上の問題がありますから
購入は控えた方がいいでしょう。

⇒ グリーンゼリーとピンクゼリー

リンカル(リン酸カルシウム)

このカルシウム剤を使って
無脳児の予防を行っていたところ、
生まれた赤ちゃんがすべて男の子であったことから
カルシウム剤が産み分けに使用されるようになり、
リン酸カルシウムが作られる運びとなりました。

⇒ リンカル(リン酸カルシウム)

産婦人科での産み分け相談

産婦人科で産み分け相談をする前に、
まず最初に確認しておくべきことがあります。

⇒ 産婦人科での産み分け相談

排卵日の調べ方

妊娠を考えているのであれば、
把握しておかなければいけないのが排卵日です。

排卵日の調べ方

無痛分娩のメリット

いきなりですが、自然分娩にはデメリットがあります。
・分娩に対する恐怖感がストレスを呼び分娩を長引かせてしまう
・陣痛に対するパニックがお母さんと赤ちゃんに悪影響を与える


やはり、いくら自分の子を産む幸せのためなら痛みも我慢できると言っても、
出産時には、鼻からスイカと言われるほどの苦しい痛みを伴います。
ですが今では、その痛みも軽減できるくらいにまで医療も発達しているみたいです☆

出産時の痛みを軽減してくれる無痛分娩。
早速、どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

無痛分娩のメリット

sponsored link

Copyright(C) 2011 男の産み分け・女の子の産み分け Allrights reserved.