男の産み分け・女の子の産み分け < 女の子の産み分け

女の子を産み分けるには…

女の子を産み分けるにはまず、
男の子ができやすい環境を知るところから始まります。
なぜかと言うと、女の子の産み分けは
男の子ができづらい環境づくりが
基本になっているからです。

女の子が生まれる可能性を高めるには、
排卵日の2日前にセックスをするといいとされています。

ですから、まずは排卵日を知ることが必要なのです。
sponsored link


排卵2日前を予測する方法

◆頸管粘液(おりもの)
頸管粘液つまりおりものの状態を調べてみてください。
手を清潔にし、膣の奥まで2本の指を挿入します。
指先についた粘液をそのままつまみ出してください。

この粘液が10センチくらい伸びる粘度で透明であれば、
排卵が近いと考えていいでしょう。

◆基礎体温
基礎体温の変化で排卵日を予測します。
体温が急に下がって、そして急に上がる日が排卵日です。

◆検査薬を使う
排卵日の2日前を予測する「エルチェック」という検査薬を使います。

上記の方法を組み合わせると排卵日の予測の精度が上がります。

女の子が生まれやすい環境づくり
排卵日が予測できたら、後は女の子が生まれやすい環境づくりも必要です。

生理が終わった後セックスを2回以上し、精子を薄めておきましょう。

パートナーにはブリーフを着用させてください。
(ブリーフは肌に密着するタイプの下着です。
ですから精巣や睾丸の体温が高くなるんですね。
男の子の染色体Y精子は熱に弱い性質を持っていますから、
女の子がほしい方はパートナーにブリーフを着用してもらうといいのです。)

産み分けは本当に大変です。
生半可な決心では夫婦仲に悪影響が出てしまうことを心に留めておいてくださいね。
sponsored link

Copyright(C) 2011 男の産み分け・女の子の産み分け Allrights reserved.