男の産み分け・女の子の産み分け <パーコール法

パーコール法って何?

パーコール法とは女の子を産み分ける方法です。
sponsored link


パーコール法のやり方

パーコール液に男性の精子を入れて遠心分離器にかけます。
これによりY精子とX精子が分離されます。

女性になるのはX染色体を持つX精子ですからこれを取り出して子宮に入れます。

つまり、人工授精ですね。

パーコール法は100%ではない

日本産婦人科学会は産み分けに科学的根拠はない、と発表しています。
その理由はX精子とY精子をパーフェクトに分離させることができないから、です。

※パーコール法は禁止もされていませんが、
容認もされていない自己責任での方法になります。

日本で唯一の女の子の産み分け法

国内では他の産み分け法を行うことができません。
それは倫理上問題があるとされているからなんですね。


パーコール法にかかる費用は一回が1万円前後と手頃な値段です。
ですから女の子が欲しい親御さんは試される方が多いようです。

しかし、産み分けに失敗し何度もパーコール法を続けていると
妊娠する確率自体が低下してしまいます。

これにより、10回を目安に体外受精に移行するケースもあります。

※パーコール法では産み分けの成功率は高いのですが、
パーコール液に精子を入れる時に相当数の精子が流れ落ちてしまいます。
この為妊娠しづらくなってしまうのです。

1回1回の費用は手頃でも、どうしても回数を重ねないといけないので
結果的にそれなりの費用と精神力が必要な産み分け法であると言えるでしょう。
sponsored link

Copyright(C) 2011 男の産み分け・女の子の産み分け Allrights reserved.